【聖書】

Ⅰ列王記 3.1~15

【説教】 「あなたに何をあたえようか。願え」

↓早津牧師の説教 *三角印をクリックすると声が流れます
スポンサーサイト
すずめ

 穏やかな新年となりました。陽光の中、スズメをはじめ何種類かの鳥たちが同じ木の枝で仲良く動き回っていました。大きな鳥が追い払うわけでもなく、スズメたちも別に恐れている様子もなく共存していました。のどかで平和な新年の絵のようでした。

 一方で元旦の新聞には、ポスト・トゥルースなることばが取り上げられていました。特に昨年、ヨーロッパやアメリカを覆った、時間を逆戻しするような分断と排斥の風潮と、その現象を生み出した一つの要因でもある、偽情報が飛び交い、それが多くの人々の支持を受けて広がっていく様を表現したものと思われますが、世界は今やポスト・トウルース、すなわち「真理後」の時代に入ったのではないかという危惧を表現しています。真理後とは抽象的ですが、真理の後に来るものとは当然、真理以外ということになるでしょう。

 私たちが向かおうとしている世界が真理後の時代に突入していくとするなら、それは何と恐ろしいことでしょうか。その意味していることは人々が真理への尊重や信頼を行動規範とするのではなく、別にそんなことは重要ではなく、偽りをも都合によって受け入れるということでしょうか。もしそうならこの世界は、大きな混乱と退廃を招くことになるでしょう。でも一体そんなことが有り得るのでしょうか。一昔前なら有り得ないと断言できたかもしれませんが、昨今の世界の状況は、決してこのことばが大げさではなく、時代を預言した真理かもしれないと思わせます。

 私たちクリスチャンにとっては、すぐ聖書の預言を連想させるものです。特に使徒パウロは、終わりの時代には、人々は、真理よりも、自分と金、また欲望を愛し、健全なものより空想話にそれていく困難な時代になると警告しています。ここを読みながら果たしてそうだろうか、悲観的過ぎはしないかとの疑問が共存していたものですが、まさにポスト・トゥルースと重なります。でも人間はいつの時代も都合のいい偽真理だけを選択してきたとも言えるのです。漂流の時代に流されず、真理とは何かと問い続け、その真理に謙遜に従う者でありたいものです。