【聖書】

創世記 32.3~31

【説教】「ヤボクの渡し」

↓早津牧師の説教 *三角印をクリックすると声が流れます

スポンサーサイト
↓金谷山からの遠望(米山ほか)
金谷山からの眺め

 2月を迎えました。まだまだ厳寒期ですが、何と言っても2月は希望の月ですね。季節が冬から春に入れ替わるからです。春を実感するのは確かに3月というべきかもしれませんが、しかし小さいわずかな春を告げるこの季節は、より味わい深いといえるのではないでしょうか。どんなに冬が猛威を振るっても、春の勝利が確実に近付いていることが明らかなこの月の味わいは、死と悪魔に対する信仰の勝利の確実性を喜ばしく告げている聖書の世界とも重なります。

 この喜ばしい春に向かう世界にとって、アメリカのトランプ大統領は春の嵐ならぬ冬の吹雪の如くと言ったらいいでしょうか。春の嵐は春を告げる喜ばしいものですが、彼の言動は冬へと逆戻りさせるような混乱をもたらしているからです。連日大統領令に振り回される世界の状況が報道されています。ほとんどの人にとって、彼の言動は、一体何を考えているのか、正気なのかと思われているのではないでしょうか。それが今世界のトップに立っているのですから影響は甚大ですね。フィクション映画を視ているようですが、フィクションではなく正気だとなると、この物語の結末はどうなるのでしょうか。

 彼にまつわって、また耳慣れない「アルタナティブ・ファクト」なる語が登場してきました。先に紹介した「ポスト・トゥルース」なる語と連なるものでしょう。どう訳したらいいのかその概念が今一つはっきりしませんが、「もう一方の事実」というふうに紹介されていました。一つの事実があるとしても見方によって逆に取れるというような意味でしょうか。確かにこれは物事の一般論ともいえますが、問題はどこから見るかということです。トランプ氏とその取り巻きは、自分達の独特の視点を採用して、その厚顔振りをはばからないようです。人は誰も自分の視点は避けられないものですが、それが高じれば、自分に都合のいい事実だけを作り出すことになります。アルタナティブ・ファクトが横行する世界、それは空恐ろしいですね。基準なくさ迷う世界にあって、神がご覧になるように見る視点を心して訓練したいものです。