初日の出

 2017年の新しい一日が始まります。明けましておめでとうございます。新年に当り、それぞれ思いを新たにさせられるときだと思いますが、神様からのメッセージがそれぞれの心に届けられるように祈ります。ご自分が造られたこの地球という国のまことの王として、この国とそこに住まう国民の一人ひとりに何を語られるのでしょうか。それを知りたい、それを聞きたいということが私たちの切実な願いですね。この新年の時に限らず、2017年のすべての日において、その主の細き御声を求め、聞き分けることが私たちの務めでもあります。

 先回も書いたことですが、過ぎた一年はことに激動の年であったと誰もが感じたのではないでしょうか。その激動は、希望的な好ましいものというよりは、否定的な負の方向に激しく揺れ動くものだったと思えます。このことは、21世紀に生きる私たち現代人にとっては意外でもあります。文明の進歩は、政治も社会もそして人間たちをも、過去の暴力や搾取、そして戦争という失敗と負の教訓を乗り越え克服して、民主的で平和的な、成熟した社会と人間たちをもたらすはずだと誰もがどこかで楽観していたのではないでしょうか。進歩の恩恵はもちろん、いろんなところで見ることができる一方で、しかし新しくかたちを変えた搾取や不公平が生まれ、そして争いや戦争はむしろ世界各地に飛び火しています。ソビエトが崩壊し、冷戦が終わった時、さあこれからは平和的世界が実現するに違いないと思いましたが、現実は何と私たちの予想を裏切ったことでしょうか。その楽観の前に立ちはだかるものこそ、人間の罪と欲望ではないでしょうか。

 ああ、真の王なる神が直接この世界に、神政政治を行なってくださればいいのにと思いますが、もしそうなったら、どれだけの人が生き伸びることができるでしょうか。神政政治を行なわないのは、むしろ愛と忍耐の故ですね。2017年も王なる方の愛と忍耐によって刻まれます。この愛に答えて、それぞれの歩みが内なる罪と社会の罪と戦い、愛と平和と正義の主に倣う者でありたいと思わされます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://araiheavensgate.blog.fc2.com/tb.php/398-010a5139