雪の足跡

 朝晩の冷え込みは強いですが、日中は春の雪が舞うような風情となってきています。大風が周期的に吹きまくるのはありがたくないですが、これもまた季節が移り変わっている証拠なのでしょう。もう少し忍耐しつつ、「雨水」を指折り数えたいと思います。

 世界ではトランプ台風が依然として吹きまくって、当分収まる気配が見えません。マスコミにとっては視聴率向上の格好の材料となり、私たちの関心もどうしてもそこに行ってしまいますね。世界中を自分に注目させていることこそ、彼が成功している戦略なのかもしれません。踊りたくなくても皆が踊らされている状況でしょうか。今は日米首脳会談を目前にして、特に日本では緊張が高まっています。今まで相手にしたこともないような無頼の大統領とどう接したらいいのか頭を悩ませています。

 しかしこれまでの短期間で見えてきたことは、日本としてはますますアメリカ依存を強めることに変わりはないようです。異色の大統領が誕生したことで、日米関係が何か根本的に見直される好機かとも思いましたが、政権は現状維持と事なかれ主義を露骨に推し進めようとしているようです。必死で先ず、強い大統領の機嫌を損ねまいとしています。朝貢外交なる語がマスコミに頻繁に登場しています。アメリカへのポチ化は残念ながら強化されるようです。その例が、沖縄の民意の必死の抵抗にもかかわらず、辺野古沖の埋め立てがあっけなく再開されてしまったことです。アメリカの政権交代は、善き変化の好機と淡い期待をしましたが、政府にとっては強行の好機としか考えなかったのでしょう。本音は強い日本復活を悲願とする自民党とその中心にいる安倍首相にとって、全く矛盾した恥ずかしい二重構造と見えてしまいます。この世界は強い圧力を持つものが有利にことを進めるようです。強い者勝ちという現実が横行するとは言え、弱い者の権利を守ることこそ神の視点です。強さに取り入り、おもねる誘惑は強力ですが、弱さにつく謙遜と強さをこそ訓練されたいものです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://araiheavensgate.blog.fc2.com/tb.php/410-b692123d