FC2ブログ
つらら

 大寒波の予報通り、寒い日が続き、また平地もいよいよ白銀の世界となりました。暦も大寒を迎えますのでこれが順当なのでしょう。これから2月の雨水までの正味一ヶ月が雪国そのものですね。先日、孫と一緒にしばらく雪の中で過ごしました。孫は大喜びで犬の如く雪と遊び、なかなか家に入ろうとしませんでした。雪に感情があるならば、子どもに愛される幸せを感じたひと時ではなかったでしょうか。私たち大人もまた、こんな子どものように雪と過ごせたら幸いですね。健康に留意しながら、でも雪国でしか味わえない雪の世界を楽しむ気持ちで、冬を乗り越えたいと思わされます。

 年が明けて、日本の政治状況は相変わらず大きなテーマが一杯です。名護市長選やまた、急に浮上した東京都知事選が大きな関心を集めています。また世界を見れば各地でデモが行われ、要求と要求がぶつかり合う状況が続きます。中でも心が痛むのは、アラブ世界の状況です。民主化が大きく前進し、花開くであろうと期待された「アラブの春」は、今大きく躓き足踏みし、それどころか後退しつつあるような姿が展開しています。改めて人間世界の複雑さを考えさせられます。こうなればいいのにという理想を共有しながら、そこに様々な利害や主張が立ちはだかり、それにたどり着くどころか、壊してしまうジグザグ道が続きます。そうなると理想への気持ちを持ち続けることは難しく、どこかで気持ちが切れてしまい易いでしょう。そこに悪が乗じて破壊勢力が台頭してしまいます。何百万もの難民の人たちの苦難がどこまで続くのだろうと無力感と共に心が痛みますが、気持ちを切らずに粘り強く前進して欲しいと祈らされます。

 私たちの人生の課題も、粘り強く前を向き続けることではないでしょうか。困難や失敗のために気持ちが切れてしまう誘惑がやってきます。人間である限りそれは避けられません。この時、前を向くか後退に身を任せるかいつも問われることになります。新しい年、躓きと後退を一方で計算しつつも、神の恵みによって、何度でも繰り返し、前を向いて立ち上がりたいものです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://araiheavensgate.blog.fc2.com/tb.php/74-d23635f2