FC2ブログ
yuki.jpg

 まだ一級の寒さが続きますが、外は日増しに明るくなっていくようです。もうほどなく指折り数えた雨水を迎えます、この節気は確かに暦の上だけではなく、実際に冬の終わりを実感する時として、雪国の私たちにとってはことのほかありがたい季語ではないでしょうか。そして凍み渡りの季節も迎えます。雪のために閉ざされていた空間が、この時ばかりはどの季節よりも最大限に解放されます。朝の時間のやりくりは難しいですが、そんな雪原の醍醐味を味わってみるのもいいのではないでしょうか。

 冬季オリンピックが開幕し、こちらでもまた冬こそ我が舞台と喜ぶ人たちが活躍しています。今のところ、日本チームは苦戦しているようですが、いつもながら、アスリートたちの歓喜と悲哀に感情移入させられます。ある意味でスポーツほど一瞬を争う厳しい世界はないのではないでしょうか。選手たちはその一瞬のために4年間を準備してきたともいえます。それがほんの一瞬の中に凝縮されます。4年間もの長い準備と労苦に比して、それはまことに残酷とも言える現実ですが、このルールの故にこそ選手たちがより集中し、そしてまたそれがこの世界の魅力と興奮の源となっているとも言えるのでしょう。

 それぞれの選手はそこで必ず、成功だけではなく失敗も経験しなければなりません。あるいは失敗の方が多いかもしれません。というのも、どれだけ準備してもその一瞬の時間を自分で100パーセントコントロールすることはできないからです。できるだけ思い通りにコントロールするために準備することが、彼らのトレーニングであるわけですが、それでもなお自分に支配できないものがあるのでしょう。

 自分を越えたものがあるということは、厄介な邪魔者のようですが、しかしある意味で幸いでもあるということが聖書の教えです。自分がすべてを支配し、また支配しなければならないとするなら、自分が引き受けなければならないストレスはいかばかりでしょう。しかし神の御旨は、支配できない部分を神の領域として積極的に認めて、それゆえ成功も失敗も神にゆだねて、人生と平和を持って欲しいことなのです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://araiheavensgate.blog.fc2.com/tb.php/82-c85495cd