↓いもり池の紅葉
2017-10-19紅葉

 しばらく暑さが戻って夕方も半袖一枚で散歩ができました。半袖の散歩ももう今年は後わずかでしょうから名残を惜しみました。気持ちのいい陽気の中、でも秋アレルギーの人たちもけっこういるようで気が引けました。アレルギー源の一つとも言われるブタクサが話題となり、これがセイタカアワダチソウと類似していると知らされ、興味を持って田んぼ道を眺めました。そうしたら何のことはない、普段気にも留めないごくありふれた雑草がすぐ発見できました。共に侵略的植物の代表のように秋を覆っているわけですから、アレルギー力もさもありなんと納得しました。

 アレルギーと言えば、この5年の間にすっかり安倍政治アレルギーとなりました。いよいよ選挙が公示され、約1週間後に戦後史の転換点ともなるだろう重大な情勢が判明します。浮足立つ思いですが、しっかり落ち着いて主の御手の正しい裁きが下ることを祈らなければなりません。

 安倍政権は白々しくも今回の選挙の意義を「国難突破選挙」と掲げましたが、共産党の志位委員長が安倍首相こそ国難そのものと断じていることに同感です。安保法の時も、作家の森村誠一氏が、日本の「存立危機事態」とは安倍首相そのものだと声欄に寄せていたことを思い出します。横暴で放漫、不誠実な政権体質に今回こそ審判が下らなければ、一体国民の感性はどうなってしまっているのかと絶望的な気持ちになってしまいますが、果たして自分の感性こそおかしいのでしょうか? 

 聖書が、王たるものや政治的指導者に求めている資質は第一に能力ではなく、神と人に対する誠実さです。これはもちろん、政治だけではなく、どのような立場にある人間にとっても、神の前に永遠に変わらない原則です。政策こそ大事と言われますが、政策の前に人間としての道徳性こそがあるのです。それに取りうる政策の幅はわずかではないでしょうか。正義と公正そして誠実こそ、人生にとっても国家にとっても安心と祝福の土台です。政治の世界が道徳的に高められ日本の良心となるように、また真に王たる者が日本の指導者になるようにあきらめず祈りましょう。
軽井沢紅葉

 少しずつ温度が下がって季節は確実に冬に向かっていくようです。聖書によれば、春夏秋冬、そして昼と夜を造られたのは主であるとあります。夜や昼は一見すれば、あまり歓迎しかねるものと思えますが、そこは永遠の知恵をお持ちである方が造られたものである限り、必要かつ善なるものであると言わなければなりません。神の造られたすべてのものは善き賜物である限り、すべてのものの中に恵みを探すべく、少しずつ日が短くなり暗くなるこの季節をも喜び楽しみたいものですね。

 自然界の完全な予定調和とも言うべき安心に比して、人間世界はもっと複雑で不安定であることは誰でも感じることでしょう。今日本はこの10月の選挙に向かって騒然としています。予想もしなかった展開で、各政党・政治家だけではなく国民全体がカオスの中に投げ出されているようです。そして確かに今回の選挙は重要です。安倍的体質の政権がなお存続し力を増すのか、それとも良い意味のブレーキがかかるのか、戦後史の大きな節目ともなるようにも思えるからです。でも政治家たちの権力ゲームが先行し、それが露骨に繰り広げられているのは、政治の世界の逃れられない限界なのでしょうか。

 「都民ファースト」という清新なイメージで日本中を席巻した小池氏も、少しづつメッキがはげて「自分ファースト」と揶揄されるようになっています。実に「国民ファースト」とは重い重い試金石ですね。政治の世界もやはり最後はその人物が問われているのではないでしょうか。簡単にあきらめ見限ることなく、政治の世界が権謀術数の世界ではなく、「国民ファースト」を体現する、良心的道徳的世界にこそなることを祈らなければなりませんね。それが国民の責任として問われてもいることでしょう。政治家のレベルが国民のレベルとも言われますからそのまま私たちに返ってきます。事は政治家だけではなく、「自分ファースト」はあらゆるところに侵入し、巣食ってしまいます。他人の目の中のちりを非難して自己満足するものではなく、絶えず厳しく自己を見張って、主の目にかなうものでありたいと願わされます。
↓キンモクセイ
2017-10きんもくせいS

 10月を迎えます。このところ秋らしい気持ちのいい日が続いてまさに秋の真ん中に入ろうとしています。春の5月、秋の10月、共に甲乙つけがたいものですね。神の備えた自然環境は、すべての生命にとって、ことに私たち人間にとっては計り知れないいのちの温床とも言うべきものではないでしょうか。このすばらしい季節、時々ゆっくりと外に出て秋からいのちをもらう如くに深呼吸したいものです。

 選挙のために今日本は騒然とし始めました。政治家たちの離合集散に心穏やかではありませんが、上なる主を見上げ、主の御心がなることを一層祈らなければならないと思わされます。今は日本だけではありません。北朝鮮がらみのアジア情勢、トランプ氏のアメリカ社会、そしてEUのヨーロッパも、政治的社会的に揺れ動いています。20世紀の大戦を経て、世界はきっと安定期に入っていくのだろうと思いましたが、そうはいかないようです。

 自然界において大地震が周期的に起こるとも言われるように、人間社会も常に変動を繰り返しながら未だ見ぬゴールに向かっているのでしょう。一体どういう未来にいくのでしょうか。とても予測は出来ません。しかし誰もが願う平和と安定という状況が現出することはとても楽観できないもののようです。日本も戦後70年を経て、大きな財産として曲りなりにも守られてきた憲法9条が見直されようとしています。不動とも思われた価値観が揺れ動いて、新しい価値観を模索しているのでしょう。でもどこへ向かうのでしょう。ある意味で人類はいつの時代も試されているということではないでしょうか。神のかたちにかたどって造られた人間が、どういう者になりどういう社会を造るのか。ノアの時代のように堕落することもできるし、主イエスが説いた神の国に習おうとすることも・・・。価値観が大きく揺れ動く中で、聖書が説く神の国の原理は永遠です。そしてクリスチャンたちはこの神の国の民として、地の塩、世の光となるべく、揺れ動くこの世に置かれています。この世と共に流されることなく、一層、御国の民として堅く立つことができますように。
↓エノコログサ
2017-09-20 エノコログサ

 稲刈りの終わった田んぼが日に日に拡大して、平場では稲刈りが終わるのももう時間の問題です。そしてちょうど秋分の日を過ぎますからこれからは一気に秋を駆け下りることになるのでしょうか。とは言え、迎える10月は天高く・・の秋の真ん中です。澄んだ空気の中、それぞれが恵みの秋を探す季節となりますように。

 爽やかな秋の真ん中へと書きましたが、政治の世界はにわかに雲行きが怪しくなり、フラストレーションの溜まる10月になってしまいそうです。安倍首相が来週の臨時国会冒頭での解散総選挙に踏み出すと報じられているからです。安倍政権が追いつめられ死に体になりかけていたことでしばらく安堵感を味わっていましたが、これでにわかにそれが打ち破られた思いです。森友・加計問題で丁寧な説明どころかひたすら死んだ振りをして批判をやり過ごそうとしていましたが、残念ながらそれが功を奏したのか、解散を決断できる状況になってしまったようです。新聞は、安倍首相による、安倍首相のための、自己保身のための解散選挙との社説を掲げていましたが、誰の目にもそれが見え見えでしょう。でもそれをさせてしまう今の政治的現状に歯がゆさともどかしさを感じていることもまた多くの人の共通の思いでしょう。この怒りが国民全体に共有され、自己保身と党利党略の傲慢と不誠実に正しい審判が下されるように願わずにいられません。しかし自民党の横暴を許してきた今までの連敗続きの選挙を見ると国民感情の頼りなさと不安定さを今から予想してしまう始末です。

 しかしここはいたずらに悲観的にならず、しっかりと上を見上げたいと思います。聖書によれば、立てられるすべての権威は上よりのものとあります(ローマ13章)。人間世界だけを見ていれば、力ある者の我が物顔にいらいらさせられるばかりで落ち着きを失ってしまいますが、見えにくくとも正義の神こそすべてのものの上にあって御旨に従って人を立て、人を廃するのです。敵の術中にはまることなく、信仰の戦いの武器を取りたいものです。
↓ヤマハギ
2017-09-10 ヤマハギ2

 夏の終わりは寂しいと書きましたが、秋の進行と共に徐々に秋の気持ちに移行するだけではなく、更に秋を楽しむような前向きの気持ちに変化できるということは神が人間に与えた幸いな心身の調節機能というべきでしょう。変化に対して適応できるということは、計り知れない能力と言うべきではないでしょうか。この機能によって人間は様々なストレスにも対応していけるのですね。とは言っても半袖で過ごせるのはもうごくわずかでしょうから、この快適で貴重な季節を少しでも長く楽しみたいですね。

 暦は敬老の日を迎えます。季節の秋はまた人生の秋を考えさせるにふさわしい時として重なるのではないでしょうか。秋の真ん中に入ろうとしている私にとっても、人生の秋は大きなテーマになっています。社会的にも日本は今、超高齢化社会を迎えようとしています。ある意味で未曾有の社会的実験に向かおうとしていますので、政治と社会の重大なテーマとしても論じられています。平均寿命の驚くべき伸長は、長い人生を保証すると共に、一方では誰もが皆長い秋に直面させられるようになったということでもあります。自然界の長い秋は私には手放しで歓迎すべきことですが、人生の長い秋とは老年期が長くなるということですので、手放しというわけには行きません。老年期の明らかな問題は肉体的・健康的に弱さが増大していくことであり、誰もこの避けられない試みと向き合わなくてはなりません。そして社会的にも役割を終わったような寂しさが伴います。成長と増大に向かう青年期から、いのちの終わりに向かってだんだん弱くされ、一つ一つを失っていくような老年期はとても難しい時代と言わなくてはなりません。そしてこれは、一人ひとりにとっても未曾有の実験ですから不安です。しかし私たちへの励ましは、季節の秋を善きものとして創造された神であれば、なおのこと人生の秋を意味深い賜物として設計されたに違いないということです。夏から秋へと適応させ、秋の季節を楽しませてくださる神はまた、人生の秋にも適応させ、そこにある恵みに気付かせ楽しませてくださることを信じたいと思います。